引戸(ふすま)と扉のリフォーム《4完結》~ペンキをぬってカラフルに

いよいよ最終段階。
待望のペンキ塗りだ。

3部屋分の扉を一気に仕上げる。
壁を全て白で仕上げたから、扉はカラフルにしたい。
ちょっとかわいくしたい。

ペンキの色を選んでいたら非常に迷った。
色のバリエーションがハンパない!
そしてすごく可愛い色!
悩んだ末、ピンク・水色・紫の3色に決定。

この「イマジン ウォールペイント」というペンキの色が非常に気に入った。
0.5Lを3色購入。

刷毛で塗るよ~。
綺麗に仕上げるため、2度塗りは基本。
扉のペンキ塗り
あとは良く乾かす。

ペンキが乾いたら、外しておいた取っ手や、新たに購入した取っ手を取付ける。

各部屋の扉の仕上がりはこうだ!
ビフォーアフターで見てみる。

先ずは1部屋目。
扉のペンキ塗り
「ピンクパンサー」と言う色をチョイス。
ピンクかわええな~(´∀`)
取っ手は元々ついてた和風なのをそのままつけた。
本当は洋風なものに取り換えたかったけど、ドアノブって結構なお値段するのね。
今は我慢…

次の部屋!2部屋目!

扉のペンキ塗り
「なつかしいラムネ味」と言う色をチョイス。
おいしそうな色だ(゚-、゚)ジュル
扉として使う左側引戸のみカラーを塗って、使用しない右側の引戸は白で塗った。
なので、取っ手も左側のみ取付け、右側は壁とするので取っ手なし。
引戸の取っ手はアンティークなのを購入。

安くてこのクオリティーはいいぞ。

最後、3部屋目!

扉にペンキを塗る
「アルプスのすみれ」と言う色をチョイス。
乙女の色だ~(*´ェ`*)
この引戸はガラス窓があって、扉を開けるたびガラガラと音がしてうるさかったので、ガラスは叩き割ってやった。
で、替わりにアクリル製の半透明板を購入し、はめ込んだ。
それだけでは可愛くないので、洋風な窓っぽくした。
木材で枠を作り白でペイント、次にベニヤで同じサイズの枠を作り白でペイント、先に木材を引戸枠に釘で固定し、アクリル板をは挟むようしにてベニヤの枠をボンドで貼った。
さらに、ベニヤの余りで細い格子を作り白でペイント、ボンドで貼ってみた。
窓っぽいでしょ?
木工用ボンドって結構強力にくっつくから手軽だ。
取っ手は2部屋目と同じアンティークな取っ手を取り付け。
中々の自信作だ。


ペンキはこちらで購入。
とにかく色が豊富でかわいい。
壁紙の種類もたくさんあって可愛いぞ。

アンティークな取っ手はこちらで購入。
他にも可愛いアイアン小物がいろいろあって、この後もお世話になった。