引戸(ふすま)と扉のリフォーム《1》~下処理の剥し

引戸(ふすま)と扉がビリビリぼろぼろなので、綺麗にしたいと思う。

先ずは取っ手関係をドライバーを使って外しておく。
なくさないよう、パーツはビニール袋にいれ、どこの扉のパーツか明記しておいた。
元に戻せないと困るしね。

次、下地処理をするため、とにかく表面を剥がす。

思い切ってビリビリーー

ふすまリフォーム

ベニヤの皮一枚持ってかれたけど、そんなことはお構いなしに剥がしまくる。
縁取りの黒枠もバッキバッキ折ってしまう。

剥がれず残った部分は、皮すきというヘラでゴリゴリやると綺麗に剥がせる。

これが皮すき。
皮すき

すきまに突っ込んでゴリゴリやると剥がれる。
皮すきでゴリゴリ

別の引戸(ふすま)の表面も同様に剥がす。
引戸(ふすま)下処理

表面が綺麗に剥げたので、この後はパテ埋めとヤスリかけでさらに表面をならす。
仕上げはペンキで塗る予定だけど、その前に!

引戸の足元にローラーが付いてるんだけど、どうやら回っている気配がない。
ひっくり返してみると、長年のホコリがローラーの中に詰まってて、機能していない。
ホコリを描き出したら出るわ出るわ!
ホコリすっげー!

今日はここまで。
ゴミいっぱい出たよ。
diy16-010